さいたまのうなぎ・川魚卸問屋 株式会社鯉平

会社案内

社長挨拶

私たちは、明治30(1897)年の創業以来、鯉やうなぎ等の 淡水魚の加工・販売に携わってきた専門企業です。うなぎ蒲焼の提供を生業とする皆様へ

コロナ禍第二波を警戒しながらアフターコロナがスタートしました。
飲食業界の景色が一変しました。
歓楽街にある夜間営業の飲食店や麺類などテイクアウトが難しい料理を提供する飲食店のご苦労を思うと胸が痛みます。

元々、うな丼うな重は昼食需要が高く、持ち帰りや出前の習慣が定着しており、通販などで新規販路を開拓することも可能です。
疲れたらうなぎ、自分への褒美にうなぎ、お祝いにうなぎ、そして暑いからうなぎ。
なんと私共の業界は恵まれているのでしょう。
日本の風土と食文化、先人達の功績に心から感謝いたします。
今年度は、シラスウナギの豊漁という神風も吹きました。

「天は自ら助くる者を助く」
打つ手は無限にあります。
腰骨を立て、背筋を伸ばし、胸を張って、腕を振り、大股で歩きましょう!
正面を見て、口角を上げ、肯定的な言葉を選びましょう!
うなぎ一匹一匹の命に感謝の誠を捧げましょう!

私たちは守られているから絶対に大丈夫です。

川魚問屋 鯉平
四代目 清水 良朗